ビギナーはもつ鍋の取り寄せ通販を使ってアレンジ

もつ鍋の取り寄せは飽きられるという強迫観念が名店にもメーカーにもあります。

しかし専門家はそうでもないと楽観視します。

それは何故なのか、レポートしてみました。

■もつ鍋人気を支えているのはアレンジの自由度。

もつ鍋の取り寄せが口コミで広がって、いまや業界では新商品の開発に血道を上げて取り組んでいるような状態です。

もはやスープは出し尽くされたほどの種類があり、具材にしても目を引くような奇抜な名産はないと言っても過言ではありません。

しかし専門家によると「実際はメーカーが気にするほど危機ではない。

飽きられる可能性は少ない」と言います。

■“シンプル・イズ・ベストな商品”が勝ち残る世界。

商品開発を何千件と取材してきた専門家によると、過当競争の段階に入ると新商品が氾濫するが、結局最後には“シンプル・イズ・ベストな商品”が残るのだそうです。

ヒット狙いで奇抜な商品を送り出した無理のあるものは、早々に市場退場となって、シンプルな具とストレートな味のスープが残るそうです。

インスタントラーメンの世界をみればすぐに分かるとか。

鍋物もラーメンも、買った本人がアレンジできる自由度があり、癖のないものが生き残っているのだそうです。

■ビギナーはもつ鍋の取り寄せ通販が大好き!しかし飽きないのは、自前の野菜や肉が、我が家の味を出してくれるから?

ラーメンのロングセラー商品を観察してみると、もつ鍋の取り寄せの商品との共通点があることに気づきます。

ビギナーでもプロ級でも、自分流の味や具をそこに足していける余白があることです。

メーカーや名店がしのぎを削らなくても、シンプルであればヒット作は生まれるということです。

Comments are disabled