派遣で看護師の仕事をしてみよう

看護師として働くためには国家資格が必要です。

国家資格に合格するまでにもある程度の知識と経験を身につけていく必要があります。

・派遣看護師の仕事

看護師の雇用形態もいくつかありますが、派遣として働く事もできます。

病院で勤務する派遣もありますし、介護施設や訪問看護など選択肢はいくつかあります。

派遣の場合は短期や単発が多くなる傾向がありますが、ここは派遣会社による違いなどもあります。

派遣というとあまり重要な仕事は任されないイメージですが、実際はそうでもありません。

多くの仕事を任される事もありますし、ここは派遣先によっても異なります。

・派遣看護師のメリットとデメリット

派遣看護師として働く場合は、正社員ではないため福利厚生はありません。

しかし短期や単発の仕事も多いため、人間関係で嫌な思いをしたくない人などにはメリットも多くなります。

看護師は病院で医師に指示を受け働くイメージですが、派遣看護師は製薬会社で働く事もあります。

看護という仕事以外に、電話のオペレーターなどをする事もあります。

・まとめ

派遣看護師にもいろいろな仕事があります。

ただ時給はほかの仕事に比べて破格ですから、人によっては派遣の方が稼げるという事もあります。

派遣を募集する場合は、即戦力になる人が求められる事も多いので、臨機応変な対応ができる事も大切です。

昼間は資格取得のため勉強をして、夜勤専従の派遣看護師という働き方もあります。

仕事に選択肢があるのはメリットです。

★お役立ちサイト★看護師 求人、派遣、転職ならスーパーナース(SUPER NURSE)